うつ病でもカードローンは利用できますか

キャッシングベスト3

【ご質問】一人暮らしでうつ病になった、カードローン利用可能?

Q同じ会社の友人が一人暮しなんですけど、うつ病になったんです。今は薬を飲みながら仕事に来ていますが、休職する予定になってるみたいで、休職したら給料はもちろん激減ですし、一人暮らしが続けられるのか入社から一緒だった友人だから心配です。本人は産業医からは仕事を休んだ方が早く回復する可能性があると言われたということで、休職中の生活をどうするか悩んでいます。少しの蓄えはあるらしいのですが、カードローンは病気の人でも利用可能なのでしょうか。色んな選択肢があった方がいいと思って、いろいろ調べています。

Aカードローンを利用するためだけのアドバイスなら、休職しても会社の社員だとは思うけど、在籍確認のときに「○○さんは休職中です」と言われるより、薬を飲みながらでも仕事に出てきている間にカードローンを申し込んでおいた方が審査が通りやすいと思うよ。カードローンの審査には「うつ病です」と発表する必要はないから仕事さえしてれば借りられるでしょ。話の内容から大きな会社のように想像するので、銀行での借り入れも可能かもしれませんよ。

カードローンを借りるには?は、そんなところなんですけど、うつ病の人が期間限定のような”休職”とか”借金で生活”みないなことは負担になるんじゃないかな。自分の母親もうつ病になった経験があるけど、いつか今の生活に戻るためにとか保留みたいなものは逆効果だった。まあ、自分の母親の場合だけど。全部やめてようやく治癒に向けてのスタートラインに立ったという感じだったけどなあ。

なんにしても、しっかり会社員の間にカードローンの審査は受けた方が安心だよね。

うつ病と診断されました、カードローン審査に病気は関係しますか

カードローン申請には病気の申告はありません。ですから、会社に在籍している間に申請すると、病気以外の問題がない限り審査には通ります。そして、そのうつ病が仕事での過労鬱と診断されるには、後遺障害等級9級、12級、14級に該当するかどうかが目安になっています。その障害を持ったまま服務することができる労働に制限されるというものです。9級に達するまで治癒とはみなさないららしいですね。

さらに、厚生障害2級と診断された場合は、一切の労務は不能とされます。過労鬱で、一切の労務は不能とみなされた場合は、労災保険が下りるので基本的生活には困らないでしょう。うつ病は無理をして無理をしてその結果の病気ですから、決して無理をせずに安らかに暮らすことがとても大切ですね。今までより負担の少ない職場に異動しても、労災での生活になったとしても、どちらも安定収入とみなされるはずですから、カードローンの審査には通ると思われます。

また、社会福祉協議会が行っている生活福祉資金というものもあります。障害者や低所得者のための公的な融資制度で、低金利で貸し付けてくれるので一度相談に行かれるといいかもしれません。公的といえばお住まいの自治体でも相談に乗ってくれるはずです。まず基本は労災認定されるかどうかですが、不本意にも認定されない場合は、自治体での相談窓口が味方になってくれるかもしれません。

家族のために働くことは社会のために働くことでもありますし、税金も落としてきているのですから、困ったときは頼りましょう。
さらに定期預金がある場合は、定期預金担保の融資もありますね。定期預金の満期を待った方が得な場合は、自分の定期を担保に借入をするという手もあります。さらに生命保険には、保険契約者貸付というものがあります。自分が掛けてきた生命保険料から借り入れるものですから、定期預金担保とよく似ています。銀行や消費者金融で借り入れるよりグッと金利も低いので借入やすいですね。

生命保険からの借入は、返済時期を自分で決められるので、取り立てられることも無く安心です。会社によって1年間の貸付と決まっているところもありますが、延長するかどうかは掛けている本人が決めればいいことです。低金利でもありますので利用してみてはいかがでしょう。こう考えてみると、私たちの周りには意外と融資をしてくれる場所があるものです。働きづめじゃなくてもどうにかなります。家族と何かないかを話し合ってみてもいいのではないでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 レイクの本審査はお勧め!実際に借りた人の口コミをチェック→ All Rights Reserved.